2017年8月1日火曜日

ジャンヌ・モロー


ジャンヌ・モローさんがお亡くなりになったそうです。
ご冥福をお祈りいたします。

ジャンヌ・モロー、日本ではあんまりジャンヌ・モローのファンという人は聞かないけれども、
ルイ・マルといったら、ジャンヌ・モローでしょう。
(私はトリュフォーよりルイ・マルが好き)

見るなら絶対「恋人たち」なんですが、
これの原題はLes amants。
L'amantだと「愛人」と訳されてしまう。
複数形だと、恋人たちになってしまう。

Les amantsと言えば、Loversで、
タロットの恋人たちのカードに結びつくのだけれども、
あのカードは女二人に男一人が描かれています。
Les amantsって聞いたら、
あ、それはきっと三角関係の話ねって、
なるのかもしれません。

ただ、ジャンヌ・モローって、映画でどんな衣装だったかはっきり思い出せない。
「突然炎のごとく」の大きなセーターと、
「小間使の日記」のメイドの衣装ぐらいしか、
はっきりした印象がありません。
あとは大体、白黒のモノトーンだったことぐらい。
シャネルとジバンシーだったって言うけれども、
どれがシャネルとかジバンシーとか、全然わからないし、覚えてもいない。
演技がうまいからか、衣装がかすんで見えたのかも。
女優としてはそのぐらいでちょうどいいのかもしれません。


『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。Amazonさんのリンクはこちら