2017年7月22日土曜日

彼女たちの人生の目的

どなたか、過去ログを熱心に読んでいる方がいらっしゃるようですが、
そんなものは読まなくてよいです。
大したことは書いていないです。

きのう、クライアントさんと話していた、
セレクトショップでお買い物している人がほとんどいないという問題。
それは1つは、ターゲットとしている層なんてほとんどいないからなんですけれども、
それは何も年齢とか収入とかじゃなくて、
当面の人生の目的が、セレクトショップが考えているようなものと、
その他大勢の女性とでは違うからです。

意識的にせよ、無意識にせよ、
私たちは自分の目的のために、好きなように服を着ています。
彼女たちが達成したいのは「それ」じゃなくて「あれ」。
彼女たちは「あれ」を達成するために意識的なのか、無意識なのか、服を選んでいて、
「あれ」を目指す人たちがとても多いので、あのスタイルになるわけです。

で、その「あれ」というものが、
ファッションの世界の理想とは全然違うから、
特にインポートものなんていうのは、そんなもの要らないってことになるのだと思う。

「あれ」とか書いていますけれども、
私も本当のところ、彼女らが目指すところはよく知らなくて、
「あれ」としか言いようがないです。
もちろん私は「あれ」を達成する方法など知りません。

だから売りたかったら、その「あれ」についてよく研究して、
その人たちの「あれ」が達成できそうな服を売ればいいんじゃないの?
年齢層も幅広く20代から50代までいそうだから、
各年代に向けて作ればいいと思う。
そう思います。



『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。こちら