2017年6月27日火曜日

ブルック・シールズ


最近、ファッション関連でブルック・シールズに関する記事をよく見ます。
ブルック・シールズの着ていたドレスにインスパイアされたデザインとか、
それからカルバン・クラインの広告にまた出るとか出ないとか。
(ブルック・シールズはカルバン・クラインのジーンズの広告で有名)

ブルック・シールズ、少女のころは本当にかわいくて、
こんなかわいい人がこの世にいるのかしら?というほどで、
たぶん彼女以降、こんなかわいい美少女は出現していないと思います。
それはエル・ファニングとかの比じゃない。

けれどもブルックも大人になったら、
なぜかいかつい体格になってしまって、美少女の面影が薄れ、
だんだん映画にも出なくなり、今では忘れ去られた存在、という感じだったのですけれども、
最近、復活してきました。

久々にブルックの写真を見たら、素敵ではないですか。
年を取って、少しやせてやつれた感じが、あのはかなげな美少女のころとは違った美しさで、
(もちろん写真の撮り方のせいもあると思いますが)
これからどんどん出てきてほしいなと思いました。

ジェニファー・コネリーもそうだけれども、
若いころ、美少女でならした人って、20代、30代はぱっとしなくて、
45歳過ぎたころからまたぐっとよくなって、
ハイブランドの広告に出てきたりします。
(もちろん痩せてから、ですけれども)

彼女らでさえ、美しいだけじゃだめで、
20代、30代の経験という裏打ちが45歳過ぎたころからしっかりしてきて、
表面が崩れないというか、風雨に打たれても大丈夫、みたいな感じになる。

日本でも年を取ってから素敵になる女優さんがまれにいらっしゃいますが、
そういう方はやっぱり素敵。
美容とおしゃれだけにかまけてたわけじゃないってわかる人のほうが、それは素敵ですって。

日本のファッション誌に興味がなくなってしまったのは、
美容とおしゃれにかまけてたって、素敵にはならないって、
いつのころか気づいてしまったせいかもしれません。
それは本当にそのとおりなのでね。

☆写真:ブルック・シールズといえば「プリティベビー」だよ。ルイ・マルだよーー!



『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。こちら













※ただいまアマゾンさん、その他ネット書店に在庫がありません。書店にはまだあるかも・・・
次ができ上がるまでしばしお待ちを。