2017年6月25日日曜日

どこの国でも理想は理想

なぜかわかりませんが、
外国在住や、外国に住んでいたことのあるクライアントさんが結構多くて、
そういう方がいらっしゃるたびに、実際どんな感じなのかお話を伺います。
私は外国に住んだことはないので、こういうときに聞いておかなくちゃ、です。

きのうは実際、イタリアはどうなのかというお話をうかがって、
「イタリアの女性はマンマになっちゃうとね~」ということで、
どうやら母親になると人が変わってしまうらしいです。

では女性としての理想(仕事、ライフスタイル、パートナーシップなど)を体現している
ヨーロッパの国はないのかしら?という話になって、
北欧はわからないけれども、どうなのかしら、というところで終わりました。

こちらの方面はよいけれども、あちらはだめみたいな、
全部が理想に近いところはないようです。

日本も理想に近づくには100年あっても足りないねということで話は終わり、
なかなか道は険しいです。
私が生きている間には、全然たどり着けないでしょう。

そんな中でどうするかは、個々人の問題です。

ファッションも常に理想を提示しますけれども、
それに対してどうするかは個人の問題で、
だからどうこうというわけでもないです。

だけれども、残るのはその理想。
そして思い返すのも、その理想でしょう。


『わたし史上最高のおしゃれになる!』発売中。こちら