2017年4月30日日曜日

嫌われる花束、料理、本

女の人に花束をプレゼントすると、
嫌がる人が少なからずいるというお話を聞きました。
理由はよくわかりませんが、
想像すると、
花瓶がない、
飾る場所がない、
面倒、
花が好きじゃない、
食べられない、
とかでしょうか。

嫌がられるので、
花束をプレゼントするときは、
相手が花好きかどうか、確認してからでないといけないということでした。
私も花を贈ったりするから気をつけないと・・・
今まで贈った花も迷惑だったかもしれません。
それにしても、それでは花も売れないわけだね。

一方、いいお皿やキッチン用品も売れないのですって。
女の人はいいお皿なんて、買わないのですって。
私も多くの一人暮らしの女性から、「料理はほとんどしないです!」という言葉を聞きました。
料理しないのだから、お皿もいらないですよね。

あと、このあいだいらした女性のクライアントさんから、
「みんな、本なんか読まないですよ!」と言われました。
本を読まないのは普通なんだそうです。
(これは何人もの人から何度も言われている)
本を読まないのだから、本なんて買わないよね。

これらみんな、クライアントさんたちが私に教えてくれたことです。

私たちはもしかして、
女だったらこれが好きだろう、これをやるだろうという認識を
改めなければいけないのかもしれません。

女の人だからきれいなものが好きとか、
優しいとか、
料理するとか、
そんなものは幻想。

だから、つまり、
もうそういうのは取っ払って、
花好きは花好きと、
料理好きは料理好きと
本好きは本好きと、
ジェンダーの垣根を超えて仲良くしましょう、
なんだかもうそれしかないような気がするなどと、
話した木曜日でした。


ご予約のリンクはこちら