2017年4月29日土曜日

靴の話を聞く

きのうは伊勢丹新宿店でヴァレンティノのお靴を売っていらっしゃる、
靴の専門家のクライアントさんにいろいろお靴の話をお伺いしました。

私は服の学校出身なので、
帽子を作る実習まではあるけれども
さすがに靴とバッグまではやらないのです。

それでまず靴の値段問題について再度確認。
「そんなのあってないようなもの」
というご回答をいただきました。
そうだよね。

そこで私は、
「1万円の靴と10万円の靴、どっちがいいとか、
なんでそういう質問になるのかな?」と聞いたところ、
案外、そういう質問をしてくる方は多いそうで、
その方たちが聞きたいのはつまり、
例えば3万円のヴァレンティノのビーチサンダルで、
どこでも行けるか、何にでも合わせていいか、
ということらしいのです。
「それはなぜ?」
と聞いたら、つまり高いから、ブランドだから、
だからビーチサンダルだろうとなんだろうと、
それでいいだろうと思っているということでした。
いやいや、それは違いますと、
ビーチサンダルはビーチサンダルですと、靴の専門家がおっしゃっていました。
「それはそうでしょうよ」と私も思いますということで、
私たちの意見は一致したのですけれども、
高ければそれでいい、ブランドだったらそれでいいと
多くの方が思っていらっしゃるのですね。
そんなわけない。

あと製造原価の話をしていて、
原価なんて、アイテムそれぞれで全部違うから、
原価率が高いから定価が高いってわけじゃないということで、
再び確認。
ヴァレンティノのTシャツは10万以上もするそうで、
どう考えたって、その原価は知れている。
Tシャツの最高級コットンを使ったって、
工賃を考えたって、そんなにいくわけないです。
つまり、原価率は商品によってそれぞれ違って、
値段というのはイメージとか、気分なのです、アパレルの場合。
とんでもない値段がついているものもあれば、
この原材料でこのクオリティで、この値段は安いよね、
というもの、両方あります。
なかなかそれを見分けるのは難しいけれども、
よいものをたくさん見ていけば、それなりにわかってきます。
何となくこれは変だなとか、いいなとか。
(余談ですけれども、
この見分ける能力は、ファッションだけではなく、
インテリアでも食器でも美術でも何でも、
いいものを見ていれば身につきますからね)

そしてそれから最近のファッションの傾向と対策について語り合い、
最後は、やっぱりブーツはニーハイだよね、
赤いニーハイ欲しいなで、
終わったのでした。

皆さんも靴を買うときは新宿伊勢丹の靴売り場にあるヴァレンティノへ行くように。
素敵なお方がアテンドしてくださいます。
(私もまだ買ったことないけど)


ご予約のリンクはこちら