2017年4月26日水曜日

スタイリストではないです

どなたか「スタイリスト小林直子」で検索している方がいらっしゃいますけれども、
私はスタイリストじゃないし、
スタイリストだとしたら、名字を間違って検索しているのでしょうね。
どっちにしても全然違います。

スタイリストと作る側、
私は全然違うと思います。
編集と作家ぐらい違う。
それは同じなの?
違うでしょ?

スタイリストさんは、大きなバッグを持って、
プレスルームを回り、いろいろ集めてくるわけでしょ?
作るほうは、プレスルームがあるほうの会社の人だから、
立場が違います。
貸してくださいとお願いに行き、
では、好きなものをどうぞと受け付ける。
この両者は立ち位置が全然違う。

で、ときにスタイリストさんはコネを作り、
そこのものばかりを借りて、
ついに、そこのものを委託されて売り始めます。
最近はそういう方が多いのではないでしょうか?
なぜそれをやるかというと、
マージンが入るからです。

どなたかが有名スタイリストさんのファンだったそうで(過去形)、
ブログでお勧めするんだけれども、
そのスタイリストさん自身は全然着ている様子がないんですと
私に訴えてきましたけれども、
そりゃ着ないでしょうよ。
だって、売ってマージンをいただくのが目的だから、
自分はもっといいものを着ていると思いますよ。
エルメスだの、シャネルだの。

でもそういう関係ができてしまうと、
本当のお勧めでもないだろうし、
自分が着るものともどんどん離れていくと思うのですね。
中立の立場を保ちたいのなら、
「暮らしの手帖」のように、広告なしじゃないと無理でしょう。

また服作りがわからないスタイリストさんもいるというのは、
雑誌のコーディネートを見れば明らか。
私もとある有名スタイリストが作った雑誌のコーディネートの写真を、
「これでブンカにいたら、先生にはたかれ、進級できないレベル」と説明しています。

そんなわけで、私はスタイリストではありませんという話でした。

ご予約のリンクはこちら