2017年4月25日火曜日

お金がないことを逆手にとって

明らかに、今の若い人たちはお金がないです。
ファッションはお金で解決できるものですが、
それがなかったらどうするか。
工夫する以外ありません。
そして工夫するためには、頭を使わなければなりません。

最近、私が住んでいるエリアに若いアーチストとかその他が住み始めたという情報は
聞いていたのですけれども、
実際にあんまり見たことはなくて、
本当にそんな人たちがいるのかどうか疑問でした。

しかしよく観察していくと、
それらしい人たちとたまにすれ違うことがあるということがわかりました。
駅前でいつだか真っ赤なフィールドジャケットを着ていた20代と思われる男子ですが、
先週だったか、スナフキンみたいな帽子をかぶっているところと駅前ですれ違いました。
あの人は普通の人ではないですね、たぶん。

で、きのうです。
駅へ行く裏道を歩いていたら、
茶系のカーキとフォレストグリーンの2色で歩いてくる、これも20代とおぼしき男子と
すれ違いました。
なかなかいい色合いだなと思って見ていたのですが、
すれ違い様、彼のイヤフォンが自分のそのフォレストグリーンのジャケットと
全く同じ色だということに気づきました。
おぬし、なかなかやるな。

彼ら、たぶんお金はあんまりない男子たちですけれども、
ものすごく工夫しておしゃれしているのがわかります。
たぶん、代官山なんかにいるようなきらきらした感じはないけれども、
色とかシルエットで工夫している。
お金がないことを逆手に取って、
自分の頭で考えて勝負です。
なんてすばらしい。

日本はこれからいつ景気が回復するかわからないし、
もう景気回復なんてないかもしれないのだから、
これからはこういった、
自分の頭で考えていく人たちがリーダーの時代になるでしょう。
まだまだ少数派だとは思うけれども、
引き続き、頑張ってほしいなと思います。

ご予約のリンクはこちら