2017年4月24日月曜日

舞台とその宣伝

先日、役者のクライアントさんが来たので雑談で、
去年、私はこういう企画をして、400人キャパのところへ何人ぐらい来て、
収支はこれぐらいだったというお話をしたところ、
それは全然いいと、褒められました。
私は、これってどうかなと思っていたのですが、
全然ましだそうです。

まあ、この前の「ラ・ラ・ランド」にも出てきたとおり、
舞台に立って、客電がついたら、客席は知り合いばっかりだったという、
あれです。
ハリウッドだって、そうなのだから、私だってそんなものです。

いつごろからか、
人生は経験と思うようになって、
そこに成功とか、失敗とかあんまりなくて、
要は行動したか、行動しなかったか、それだけなので、
金銭的、肉体的及び精神的にダメージを受けない限りは、
それでいいとしています。

去年だって、
市民会館を借りる手続きとか、
宣伝の仕方とか、その他もろもろがわかるようになって、
内容どうこうよりも、それはそれでよい経験と知識になったのだから、
とてもよかったわけです。

ただ、もちろん反省はあります。
あのとき、テノールの方に楽屋でチラシについて聞いたのでした。
チラシってどれぐらい効果があるのか、と。
そうしたら、チラシなんてほとんど効果がなくて、
1000枚配って2、3人来ればいいほうというお返事がありました。
なんですって?
先にそれを教えてちょうだい。

実は私もチラシの効果を全く感じていなくて、
内容のお知らせ以外の意味ではほとんどいらないのではないかと思っていたところだったので、
もう何回もやっている方がそう言っているのだから、
それは本当にそのとおりなのだと思います。
つまり、来る気のない人不特定多数にチラシをばらまいても、
拾えるのはほんのわずか。
1000枚で2,3人だったら、1パーセント以下。

ちょうど先週、私の本の予約開始だったので、
ブログで告知したところ、多くの方にご予約いただいたようです。
あれはブログのみの告知です。
一切のSNSを使っていません。
つまり、買う意欲のある人に宣伝しないとだめなわけね。
不特定多数の人にまくチラシとSNS、
相当に拡散しないと効果はあまりないのではないかと感じています。

さて、そんな自主プロモーション活動の一環として、
6月4日、私が会場を借りてトークイベントをやることにしました。
当初は、私の得意な口から出まかせトークをやろうと思っていたのだけれども、
いや、それでは面白くないなと思って、
ボディを使っての3色ルールの実演をしようかと考えました。
そのことをクライアントさんにしたら、私が自分でやったらどうかと提言されました。
最初、それは無理って思ったのですけれども、
無理ではなさそうです。
無理ではないばかりか、あれもこれもとか、
次々とアイデアが浮かび、今とても楽しくなってきました。

そんなわけで、本邦初公開、私がみんなの前で脱いだり着たりしながら
3色ルールとリレーションの実演をしますので、
6月4日(日)、よろしかったらご参集くださいませ。
クライアントさんを優先で入れます。
条件は本持参ね。
募集開始は1カ月前にしますので、
よろしく。

ご予約のリンクはこちら