2017年4月20日木曜日

不惑

どうやら私のブログを読んでいらっしゃる皆さんで、
本を買う意欲のある方はそろそろ予約し終わったようです。
アクセス数からいっても、こんなものだと思います。
皆様、どうもありがとうございました。
次は実物を見てから、お知り合いにお勧めしたりしてみてくださいませ。
(あ、もちろん要らない人には勧めなくてもよいです)

で、不惑です。

論語に、四十にして迷わずとあります。
普通、40歳からはもう迷わない、ということになっておりますが、
どうやら違うようで。
2月から始まったアラフィフ月間、やっと終わりましたが、
私の観察からいくと、不惑どころか、迷いっぱなし。
まるで惑星です。
惑星が逆行しているようです。
つまり、実際に時間は進んでいるのに、
なんだか後ろに下がっているように見えます。

迷わないのは恒星です。
恒星は自分で光り輝きます。
惑星は、例えば太陽系の惑星だったら、
太陽がないと輝きません。
地球もそうです。太陽がなくなったら、暗いだけ。
太陽系惑星は太陽に依存しているのです。

その点、恒星は自分で輝きます。
デネブもシリウスも、自分で輝きます。
恒星をつなげて星座ができるのです。惑星では、星座になりません。
恒星同士じゃないと星座はできない。
オリオンにはならない。
私たちは、ときに逆行する惑星じゃなくて、
恒星を目指さなくては。

などと思ったきのうでした。














ご予約のリンクはこちら