2017年4月10日月曜日

江ノ電は面白い

私が住んでいるエリアは、海に近ければ近いほど、
なんとなくみんながゆるくなってくるのですけれども、
それでも小田急線は最後の砦は守られているというか、
究極ゆるいところまではいっていません。
それに比べると、江ノ電は相当にゆるく、
面白いです。

江ノ電は別に観光専用の電車ではなく、
近辺に高校もたくさんあるから、
通勤用、通学用の電車でもあります。
私が高校生だったころも、
江ノ電の込み具合は相当だったらしく、
気をつけないと混み過ぎて窓ガラスが割れると、みんなが言っていました。
(本当かどうかはわからないけれども)

で、鎌倉方面に行くときは、
本当はJRで行ったほうが早いのだけれども、
江ノ電のほうが面白いので、私もわざわざ江ノ電に乗りますが、
最近の傾向は、各国からの観光客がとにかく多いということです。

その観光客の皆さんですが、
格好が全然違うので、すぐわかります。
特に、はっとするおしゃれな格好の男子が多い。
なぜか大体2人組で、アジア系なんだけれども、
英語をしゃべっていたりするから、
どこなんでしょう。香港とかなのかな。
はっとするおしゃれ男子2人組を
江ノ電の中でよく見ます。

何がはっとするかというと、
色遣いかな。
明らかに日本の男子の独特の大人しい感じというか、
目立たなそうな感じとは全く違います。

(そんなによく見ているわけじゃないので、
今それはどこが違うのか聞かれても、言葉にできないです)

そういう面白い人を観察するにしても、
江ノ電は適しています。
時間がある方はぜひ乗ってみて。

あ、そうそう。
ただし、ゴールデンウィーク中はすごく混むらしくて、
ホームに人が入れないということなので、
やめましょう。