2017年3月4日土曜日

アラフィフの皆さん

私が、個人向けファッションレッスンは終了するとアナウンスしたところ、
アラフィフの皆さんが多くファッションレッスンにいらしていて、
何やらいつもとは違う雰囲気の2月と3月です。

それで気づいたことがあります。
玄関に入ってくるとき、
何となくコートが変だなと感じる方が数人いらっしゃって、
試着の仕方の説明をしつつ、
その変だなと感じたコートを着てもらって、試着ポイントをチェックしてみると、
ほらね、脇線が前へ振れてます。
これはコートの大きさと自分の身体が合っていないということ。
バストが大きいか、背中の肉に引っ張られているか、
大体がこのどちらか。
ただし、パターンが変ということもあるので、
ある方のコートを私も着てみましたが、
パターンが変ではない。

なぜこうなるか。
まず第一は、試着をちゃんとしていないこと。
脇が前へいったり、後ろへいったりということは、
もう全然合っていないということなので、
着ていても何か変なはず。

次に、それをどこで買ったかよく聞いてみると、
ご自分の体型に合っていないブランドやお店で買っているということ。
端的に言えば、
若い人のお店、例えば30代向けみたいなところで買っているということです。
(ぱっと見ると、お嬢様のコート借りてきたのかなとか、
思うほどです)
そういうお店は、若い人向けの体型で作っているので、
背中やお腹に余計なお肉がついていないという設定のボディです。
これだと、細い人はそれでもいけますが、
そうでない人は無理です。

最近の販売員さんは、試着してどんなに変でも、
そのまま売ろうとしますから、
自分でチェックしなければいけません。
コートなので、そんなに安くはなかったはずですし、
ワンシーズンで捨てるわけでもないので、
注意が必要です。

さすがに60歳という方がいらっしゃったことはありませんが、
アラフィフぐらいで迷走すると、
次の60歳ぐらいはもっと大変そうです。
そのときこそ、なかなか望みの服は売っていない、
ということになるでしょう。
今のうちに軌道修正しておくのがよさそうです。


 ☆「ファッション・レッスン」のお知らせはこちらです。