2017年3月22日水曜日

原書講読会やりたいな


実はとある講座に出席しまして、
そこで英語の原書がある本の翻訳文(「率直に凛として」)について、
何かおかしいと感じたので、
すかさず講師に「その日本文の原文は何ですか?」と質問したのです。
そうしたら、それに対してその講師は答えられず、
次回、お答えするということでした。
さてその次回、その講師は「訳が新しく変わって、
「確固として」になりました。」と答えました。
ちょっと待って。
私の質問は、
「その日本文の原文は何ですか?」です。つまり、もとの英語が知りたいのです。
なぜそれに答えないの?

その講師は原著を持参していたので、
休み時間に原文を確かめました。
「direct and firm」でした。
英語圏にお住まいの皆様や、英文科出身の皆様でなくても、
firmと凛としたは、ちょっと違うよと思いますよね。
思わない?

まあ、違うんですけれども。
それで私は、ほとほと懲りたのです。
そのいい加減な知識に。
だから、もう誰かに聞かないで、頼らないで、
「Your Perfect Right」の原書講読会やりたいと思ったんだけれども、
誰かくる?
ちなみに、私は英文科出身じゃないので、そんなに精度の高い訳じゃなくてもいいのよ。
英文科出身の皆さん、やる?
で、内容は何かというと、アサーティブコミュニケーションについての本です。
これを原書講読して、実際にやるのがいいと思うのよね。
原典に当たるのが、一番いいと思います。
そうでないと、firmを凛としたとか、教わっちゃうからね。

☆内容と画像は関係ないのだけれども、今こそこの映画を見るべきだと思います。
そして私たちはきっと、近い未来に実際にIl conformistaを見ることになるでしょう。