2017年3月2日木曜日

スカート丈、その他

二、三日前でしたか、
道を歩いていたら、ちらほら菜の花が咲き始めていました。
寒い日々がまた続いていますが、
春は確実にやってきているのだなと。
(そして、まだ青色申告と確定申告が終わっていない。
毎年、アカデミー賞とともに終わらせるのに、今年は・・・)

さて、今年の冬、たまたまなんですけれども、
タートルネックとか、ハイネックのものを一切着ないですごしました。
そういう主義というよりは、
ただ単に持っていなかったので。
そうしたところ、首が寒さに慣れたのか、
首元があいたままでも、結構、外出できました。
ということは、寒いと感じるかどうかは慣れなのでしょうか。

先日、16歳の姪が妙に長いスカートをはいていたので、
それ、ちょっといくらなんでも長いのでないの?と聞いたら、
短いスカートは寒くてはけない、とのことでした。
姪は学生ですが、高等学校の学生ではないので、
制服ではなく私服です。
街ゆく女子高校生たちのスカートがとても短いので、
あの年代は脚が寒くないのかと思っていたら、
どうやらそうではないらしい。
私の記憶でも、高校時代、寒い、寒いと言っていたような気がします。
ということは、単に慣れなのでしょう。
年齢の問題ではないです。

それで、いくらなんでもそのスカートは長すぎるということで、
ティーンエイジャー向けの洋服屋さんへ行ったのですが、
驚いたことに、スカートが長い、長い。
知らない間に、ティーンエイジャーまで、長いスカートが主流になっています。
ひざよりちょっと上の丈のスカートは隅に追いやられていました。
みんな、これからずるずるとスカートが長くなっていくのね・・・

あのパンツが見えそうなミニスカート姿の制服姿を見るにつけ、
ああ、あんな短いスカートの時代に高校生じゃなくてよかったと思っていたのですけれども、
もしかしてそろそろ、
制服のスカートも長くなるかもしれません。

 ☆「ファッション・レッスン」のお知らせはこちらです。