2017年2月8日水曜日

グレーと作業着

最近、というか、ここ数年、
女性のあいだでやけにグレーが流行っています。
しかもけっこう濃いめのチャコールグレー。
黒からの脱出なんでしょう。

同時に、私が作業着と呼ぶところのジーンズやワークシャツも流行っています。
あとはMA1ジャケットに見られるような軍服ですね。
それに下着であるところのTシャツ。

作業着であるところのジーンズ、
下着であるところのTシャツ、
軍服、
で、グレー。

ねえ、このスタイル、どう見たって、単なる作業員じゃない?
みんな、そんなに作業員になりたいのかしら?
作業員って、例えば工場勤務の、しかも作業担当者みたいな感じです。
どう見たって正社員じゃないよね、アルバイトだよね、みたいな。
または、お金がなくていつも作業服なのかな、みたいな。

きのうはある有名スタイリストさんのお勧め服を買い続けた結果、
ワードローブが作業着とグレーばっかりになってしまったクライアントさんがいらして、
その作業着っぷりにとても驚きました。
驚いたというか、もう笑えるレベル。
しかもそのお勧めがたくさんあったということで、
膨大な作業着の量です。

これ、そのスタイリストさんのことを知らない人から見たら、
単なる作業着の人、にしか見えないです。
または、旧東ドイツみたいです。
私もそのスタイリストさんの名前と顔はわかるけど、
どういうものをお勧めしているとかは知らなかったから、
なんでこんなものばっかり買っているのか、意味がわからなかった。

で、きのうもしゃべったのですが、
そのスタイリストさん本人、その自分のお勧め、ほとんど着ていないと思いますよ。
だって、それ、単なる作業の人だもん。
例えば、レストランにそういう格好の人が来たとしたら、
間違いなく、目立たない端のテーブルに通されますよ。
だって、そんなグレーの作業員が作業の合間にランチに来たみたいなの、
お店の前に出したくないもん。

で、これは最近言っていることと同じだけれども、
人生の目的が、「破壊された何々を修復し、完全復旧させること」みたいのじゃなかったら、
そんな、作業着をわざわざ着るなんて、選べないです。
「毎日、作業にいそしむ人生」じゃなかったら、そうはなりません。

もう1つ残念なことは、
その作業着たち、けっこうお高いらしいのです。
はっきり言って、それに使ったお金でカルチエのジュエリーが買えるほどです。
もったいない・・・
高すぎる作業着・・・。

人生の目的が「作業にいそしむこと!」でないのなら、
もうそろそろ作業着を卒業したらいいのではないでしょうか。
時代の気分は作業員じゃないです。
何度も書いていますが、女神ですから。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。