2017年2月22日水曜日

年齢と体型

先日、ある方と、
あの90年代、青山や表参道あたりを
ギャルソンやらヨウジの発表されたばかりのコレクションを着て歩いていたお姉さま方は、
今、どうしてしまったのでしょうねという話をしていたら、
その方は、今、みんなユニクロ着てますよとおっしゃっていました。
そんなことはないと思いますけれども、
そういう方たちを見ないのは確かです。
90年代に20代だから、1960年から75年生まれぐらいの、
アラフィフという感じの方々でしょうか。

私のクライアントさんでこの年代の方は少ないですけれども、
ときどき、どこで買えばいいでしょうかと質問されます。
正直、私もわかりません。
ブンカに行ってたような人は、モードばっかり見ているので、
そうではない普通の50代がどこで買うのか、
私もよく知りません。
ただし、いわゆる駅ビルではなさそうです。
駅ビルって、見るからに30代ぐらいまでのものしか扱っていません。

もうずっと前ですが、
藤沢駅前には西武デパートがあって、
その上のほうの階に行くと、
今で言うアラフィフの皆さんが買うような婦人服のフロアがありました。
すべて高級でした。
ソニアリキエルとか、あったように思います。
たぶん、昔の50代はそういうところで買ったのだと思います。
隣のおうちの奥さまは当時、西武の婦人服売り場のお直しコーナーに勤めていて、
夜9時ごろまで毎日お直しが続いたそうです。
それだけ売れていた、ということです。

だから、どこに売っていますかと聞かれたら、
まあ、デパートのちょっと上のほうの階の婦人服売り場、
ということになると思います。
けれども、そこには行かないとおっしゃる方がほとんど。

そうすると、いきなり30代の服売り場で服を買うことになります。
前にどこかで書いたと思いますけれども、
年齢が上がり、肉づきがよくなっているのなら、
30代のための服はパターンが合わないので、
どこかしら不都合が出ます。
若いころにはついていなかった、肩甲骨の上や、ウエストとヒップのあいだ、
お腹などのお肉がありますから、
それを考慮しないパターンで作られたものだと、
どこかにしわが寄ったり、脇線がずれているするはずです。
で、それをそのまま着たら、
それはやっぱりおかしいです。
どこかしら変な感じがします。
もし体型が30代のころと著しく変わったのなら、
30代向けの服はやめておいたほうがいいでしょう。
なぜなら、身体に合っていないからです。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。