2017年2月10日金曜日

どうしてもう作業着系ルックがおしゃれに見えないかというとね

本屋へ行って、
いまだに作業系ルックの本が多いのに驚きましたけれども、
本を作っている人たちが、
必ずしも流行の方向性について把握しているかというと、
そういうわけではありません。
大体、ほとんどの人が集合的無意識なんて、
考えてはいないと思います。

では、なんで作業着系ルックがもう別段、おしゃれに見えないかというと、
もうそれは定型化してしまって、飽和状態であるからです。
この2つは、おしゃれに見えない2大要素です。

誰がお勧めとか、
高かったとか、
どこのブランドとか、そういうのは関係ないんです。

飽和状態というのは、
例えば私がよく出す例で、
ジーンズにニューバランスのスニーカーにモッズコートの年配の女性、
湘南エリアには普通にいます。
年配の人が着始めたら、もうそれは飽和状態です。
目に入る量が一定量を超えたので、もうこれはおしゃれに見えません。

次に定型化です。
何度か書いている1つの定型化ありますね。
ジーンズ、コンバース、ボーダーTシャツ、トレンチコート。
これ、もう制服みたいなもんで、
おしゃれには見えません。
なぜなら定型化してしまったからです。

作業着系ルックも、もう定型化していますね。
一粒ダイヤモンドのネックレス、Vネックのセーター、ジーンズ、スニーカー、みたいにね。
定型化してしまって、もうみんな、それを覚えてしまったんですね。
そうすると、それはおしゃれに見えないのです。
だって、一種の制服だから。

女子校生が制服をおしゃれに見せたくて、
何とかいろいろやっていますけれども、
しょせん制服なのと似ています。
定型化して、制服になってしまったら、何かやってもその程度です。

おしゃれって、
飽和状態と定型化から、いちもくさんに逃げなくてはいけないのです。
それがおしゃれってことですから。

で、それについて、
多くの人も薄々感づいているので、
もうおしゃれに見えない、
そういうわけなのです。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。