2017年1月28日土曜日

もし私がバリキャリだったら・・・②

「バリキャリ」という私がふだん使わないようなワードを入れたら、
なんか勘違いされた方がいらっしゃったみたいで、
恐縮です。
たぶん違うお話を御望みだったことでしょう。

それはさておき。
もし私がキャリアウーマンで、
キャリアを積むことが当面の目的だったとしたら、
おしゃれには見えたいけれども、
毎朝、何を着たらいいかに時間をとられたり、
わずらわされるのは嫌なので、
そこは簡単にすむように、
最初からワードローブを構築します。

どうするかというと、
使う色を最低限にすることと、
スーツ、セットアップ、ワンピースをワードローブのメインにすることです。

考えたら、サラリーマンの男性の多くは、
スーツ+ワイシャツで行っているわけで、
そういった男性が、
毎朝、何着るか悩んでて、遅刻しそうになったとか、
言った日には、
「あ、こいつ、キャリアとか、全然考えてないんだな」とか、
思われてしまうわけです。
最低限の身だしなみは必要ですが、
それ以上に着るものに時間をとられているなら、
できるヤツとは思われないでしょう。

会社でどういった格好をすればいいかよく聞かれますが、
そういうときに私が言うのは、
一緒に働いている男性と釣り合うように、ということです。
例えばカジュアルが認められている会社で、
でも、男性は営業へ行くときスーツで行って、
その男性と同等、もしくはその上司に当たる女性が、
ジーンズをはいていたら、
取引先は、その女性をなんかアルバイトの人?ぐらいにしか思わないと思います。
私だったら、絶対スーツの人に話をします。

ただ実際、男性と同等のキャリアを目指している女性は本当に少数派。
だからこういう悩みの人が多いかというと、そうではないです。
そのせいだと思いますが、
仕事用のスーツ、セットアップ、ワンピースをばしっと売っているお店も少ない。
特に40歳以上向けみたいになると、非常に少ない。
なぜかって、40歳以上の女性でキャリアのある仕事の人が少ないから、
それだけなのですが。

いずれにしても、
ファッション業界にいないのだったら、
仕事に何を着ていくか毎日煩わされないために、
スーツ、セットアップ、ワンピースを主にすると楽だと思います。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。