2017年1月24日火曜日

カンバセーション・ピース

カンバセーション・ピースという言葉があるそうで、
これは、つまり話のきっかけとなるようなピース
それは服でもジュエリーでもなんでもいいですが、
のことだそうです。

日本では、何か変わったものを着ていたりとか、
とてもいいものを持っていても、
誰かが話しかけてくるということは、
滅多にありません。
(ないけれども、
お正月に、黄色いきらきらバッグを持って歩いていたら、
知らないおばさんに、「あら、縁起よさそうなバッグね」と、
声をかけられました)

だけれども、海外へいくと、これが結構あります。
私はいろいろなところへ行ったことがないからどこだったら多いかはよくわかりませんが、
ロンドンではよくありました。

で、日本人なら、日本ならではのカンバセーション・ピースがいいわけです。
逆に、フランスに行くのにカルティエの時計をしていったとしても、
あ、そう、お金あるのね、みたいな感じにしかなりません。

そんなことは私もわかっているので、
いろいろ探してはみるものの、
見つけたと思ったら、そこが2年間もデザイナーを無給で働かせるような
ブラック企業だったりと、本当にフェアでかつ納得いくものが見つかりません。

このカンバセーション・ピースという言葉は、
先日出会った、アンティークショップのオーナーから聞いた言葉なのですが、
その彼女はいつもイッセイの服で買い付けに行くそうです。
そうすると、向こうもすぐ覚えてくれるし、優遇されたりもするということでした。

イッセイさん、80年代から有名で、一部では人気がありますけれども、
ブンカの学生の中では、イッセイの服って全く人気がなく、
着ている人はいませんでした。
たぶん一人もいなかったと思う。
何かそれぐらい人気がなかったです。
なぜだろうか。
ちょっと年配の人の服みたいな感じだからかな。
私も着たいとは全然思わないので、試着すら、したことがないです。

カンバセーション・ピースになるような、
何かいいものがあるといいんですけれども、
なかなかないです。
引き続き探していこうと思っています。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。