2017年1月22日日曜日

目的を持たないと

観察してわかったのは、
何のためにおしゃれをするのかという目的がないと、
おしゃれもうまくならないということです。
目的も一つの負荷です。

できないということはないです。
できないということはないけれども、
目的がある人と、ない人とでは差が出ます。

これは英語で考えるとわかりやすいです。
目的を持って英語を学ばなければ、
そこそこはできるようになるけれども、
それ以上にはなかなかなりません。
英語のために英語をやっても、そこそこにしかならない。

ただ漫然と、
これといって目的もなく生きていると、
おしゃれもうまくはならないです。

あと、目的もなくおしゃれをしようとする人の共通点は、
ぽろぽろとお金だけは使うということ。
特別おしゃれには見えないけれども、
結構な額のお金も使っているし、
たくさん買っていたりもします。
こんなにたくさん持っているのに、
おしゃれには見えていないのねという現象が起きています。


おしゃれが上達したいと思ったら、
目的という負荷をかけたほうがいいです。
そうしないと、お金は出ていく、おしゃれには見えないが、
延々と続くことになります。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。