2016年12月19日月曜日

部活(サークル活動)の意味

社会的な立場や頂点をしめすのは、アストロロジーで言ったら、10ハウスとやぎ座です。
山羊は岩山をがしがし登っていきます。
同じように、10ハウスもやぎ座も、ピラミッド構造のてっぺんを目指すことを意味します。
すなわちそれはその人の社会的な看板です。

で、私が呼んでいる部活、またはサークル活動というものは、
この10ハウスを降りたところの11ハウス、または水がめ座の領域です。
どういうことかというと、トップを目指すことが目的ではない、ということ。
社会的な看板でもないし、
何かを獲得するためでもない。
上下関係もない、フラットの組織の中でのネットワークが目的です。

獲得もない、トップも目指さない、つながりがあることが目的、しかもフラットな。
私はそれを部活と呼んでいます。
もちろんサークル活動でもよいです。

この話をするとなぜか、
そんなやり方だったら、編み物好きは集まらないだとか、
儲けが出ないだとか、
達成感があったほうがいいとか、いろいろ言われますけれども、
別にそれはそのとおりだろうし、反論しません。
けれども、それは私のやりたいことではないので、
そうやりたい方は自分でそうしてください。
それが一番いいと思います。
皆さんがご自分でやればよい。
逆に言ったら、そんな素晴らしい意見があるのにどうして自分でやらないのでしょう?
(ちなみに私はこの件に関して誰かに助言を求めていません)

評価されるとかしないとか、
達成するとかしないとか、
お金になるとかならないとか、
そんなことはもうほかのところでさんざんやっているでしょう。
そんなことをわざわざ私がやることはないです。

話は戻りますが、
11ハウスも水がめ座も、天王星と同じ意味です。
それは新しい知恵です。
10ハウス、やぎ座は土星です。
天王星は、土星を超えています。
土星という社会ではもう考えられない世界です。

サークル活動というものは、土星という既成の社会の枠組みでは考えられないことをやるところです。
だからそこに土星的な概念の意見を入れることはできません。
今までいろいろ言われた意見は、どれも土星の概念。
だから、それは要らないの。私、そもそも聞いてないし。

やりたいのは、そして本当に面白いのは、トランスサタニアンの世界ですから。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。