2016年11月28日月曜日

仕掛けないことにはどうにもならない

きのうクライアントさんと、
トランプだって、自分が大統領になるなんて、
夢にも思っていなかったんじゃないかという話をして、
本当にそうだなと思いました。
多くの人が、そう思っていなかったけれども、
自分もあるところまでは、まさか大統領になるなんて思っていなくて、
でも仕掛けてみたら、案外できちゃった。

これはトランプがいいとか悪いとかいう話ではなくて、
あの妙な情熱というか、自分を信じる力というか、行動力でもって、
予想しなかった未来を自分に与えたわけです、あのお方は。
器としてふさわしい人、才能がある人はほかにごまんといるにもかかわらず、
それでもあの人がなりました。

夢の実現は自分一人ではかなわない。
例えば、結婚したいという夢だって、
相手がいないことには実現しません。
コンサートだって、観客がいなければ、それはコンサートとは呼べないです。
だから、夢がかなうのは結局、他者に向かって仕掛けた人。

他者に向かって仕掛けるというのは、
それはコミュニケーションだから、
誰かと交流したり、しゃべったりしないとそれは不可能。

コミュニケーションのための授業って、大学に行って授業を取らない限りないと思うから、
この力はどこかで身につけなければいけません。
どんなに才能があったとしても、あいさつもしないような人だったら、
仕事にならない。
あいさつをするというのはコミュニケーションの最初の入口だから、
それをしないのだったら、夢も実現しないでしょう。
でもそれもその人が選んでやっていることだから、
それはそれでいいですけれども。

今までいろいろな方のお話を聞いてきましたけれども、
できる努力はすべてやったけれども、これ以上、どうしていいかわからないと言ってきた人は、
2人しかいらっしゃいません。
 その他の、実現したいことがあるけれども実現しないという方は、
そのほとんどが、仕掛けていないことが原因なのではないでしょうか。
またはそのやり方が、
例えば、はい、やりますと言ったきり何もしないとか、連絡もしないなど、
何かが実現しないようなコミュニケーションの仕方なのではないかと思います。

逆に、細いながらも続けてきて、仕掛けていてる人の場合、
あとは時間の問題ですから、
やめなければ必ずどこかへたどりつきます。

というわけで、なんですか、
今日はサイバーマンデーなのですか?
何か起きるかもしれないですね。

☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。