2016年11月25日金曜日

どこへいってもついてくる

最近、海外に住んだことがあるというクライアントさんが立て続けにいらして、
お話を面白く伺っていますが、
ある方のこんな言葉が印象的でした。
「外国に行ったら変わると思っていたけれども、変わらなかった」
この変わらなかったの主体は自分です。

私が大学生のころは、
まだ今のような円高ではなくて、
留学する人もとても少なかったのですけれども、
それでも行った人は何か変わって帰ってくるはずだと、
私も思っていました。
けれども、あるとき、なんだ、全然変わっていない、と思ったのです。

リズ・グリーンがどこかで書いていました。
「どこへ行っても、あなたはついてくる」と。
どこかへ行ったら変わるなどということは、思い違いです。

同様の思い違いが、
おしゃれについても言えると思います。
おしゃれになったら、人生が何か変わるかもという期待。
この変わるというのは、よくなるかもしれないという意味で。
一ミリも変わらないとは言いませんが、
思ったほどは変わらないと思います。
なぜなら、リズ・グリーン風に言えば、
どこへ行っても、あなたはついてくるから。

どんなにブランドもののバッグを買ったって、
50万もするような時計を身に付けたって、
たぶんほとんど変わりません。

この変わるかもしれないという期待から覚めないと、
浪費の罠にはまるでしょう。

もうそろそろ覚めないと、
現実に追い抜かれます。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。