2016年11月12日土曜日

人生は待ってくれない

学生のころ、
高校の演劇部時代の友達が、
「これから、企業はほとんど週休2日制にかわっていくから、
入るときに土日が休みじゃなくても、大丈夫だよ」
ということを言いました。
当時の私は、そんなものかと考えましたが、
あれから20年以上たって、そんなことは実現していません。

また同じころ、男女平等への動きや議論も活発で、
大学で「女性学」という講義もあって、
受講していましたが、
誰もが楽観的な未来を思い描いていました。
つまり、男女の平等は進み、女性も働きやすい社会にこれからなっていくと。
これも現実は逆方向でした。

たしかにそのいつかは、いつかくるかもしれません。
けれどもそれは50年後かも、100年後かもしれません。
今はひどいけれども、いつかよくなる。
それは正論ではありますが、
それが実現されるのを待っていたら、
人生は終わってしまいます。

よく最近は若者に努力を求めるが、それはよくないという意見も聞きます。
求めたり、強要したりするのはよくないでしょう。
けれども、だからといって、
あ、そうか、努力しなくてもいいんだと、
開き直れば、
最終的に困るのは自分です。
そこで、あのとき努力しなくてもいいって言ったじゃない?と、
言ったところで、
その言ったその人は、あなたの責任をとってくれません。
教師も親も、みんなみんなそう。

もちろん、それも人生の選択です。
努力しない、行動しないを選んでもいいのです。
お好きなように、ということです。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。