2016年10月29日土曜日

夏の香り、冬の香り

きのうは1日じゅう寒くて、
うちではストーブをたきました。
冬の始まり。

先週あたりから、冬を感じてきたので、
香りを夏のものから、冬のものに変えました。
気温が変わると、似合う香りが変わる感じがするので、
夏向きのものと、寒くなってからのものとに
分けています。

「香水をつけない女に未来はない」と、
シャネルは女性たちを脅していたようです。
脅して香水を売るつもりだったのでしょうか。
私は、そんなふうには思いませんが、
自分の好きな香りをつけているのは好きです。

ただ、日本は香水が嫌われるところもたくさんあるので、
私がよく使うのはボディローション。
最近、たまらない香りのボディローションを見つけたので、
今年はそれにしました。

ボディローションの香りなので、
自分だけ、もしくは相当近付いた人しかわかりません。

香りとシルクとカシミアと、
この3つは結びつくと、
五感を満たします。

しかし、過度な五感の満足は追求はよくありませんから、
ほどほどに、おぼれないほどに。

これは、おぼれそうな香りですからね。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。