2016年10月16日日曜日

素晴らしいコンサート!

今日の午後は、逗子で、5月のシェイクスピアのコンサートの際、
ピアノ演奏をお願いした池浦七菜子さんたちのコンサートに行ってきました。
本当にすばらしかった!

その前に、ブログでのご案内に応じて聞きに来てくださった、
うちの文化部の皆様、ありがとうございました!

何が素晴らしいかって、
演奏がよかったのもそうなのですが、
私が心底感心したのは、その姿勢です。
今自分がいる場所で、自分ができるそのベストを、
しかも自分のためだけじゃなくて、若い演奏家をリードして、
知人や地元の方にきっちり見せたこと。
しかもちゃんと新しいことにチャレンジしている。
席もほぼ満席。


カルメンを除いては知らない曲ばかりでしたが、
それでもちゃんと聞かせることができたのは、
ふだんからの練習のたまものでしょう。
フォーレのピアノ四重奏曲 第1番ハ短調 Op.15なんて、
もちろん聞いたことがありませんでしたが、
音からフランス絵画が見えるようで、
すばらしかったです。
(あと、私はなぜか始めからヴィスコンティの映画のイメージばっかりあらわれていて、
なんでかなと思ったら、フォーレって、ワーグナーに影響されていたのですね。納得)

コンサートが終わって、帰りは駅前のカフェで、
うちの文化部の皆さんと、感想でまた盛り上がったのでした。
ここまで含めて、コンサートやライブ、舞台というのは楽しいのです。

とてもいい午後でした。
演奏した皆さん、本当にお疲れさまでした。
そして素敵な演奏をありがとう。