2016年10月1日土曜日

日本一まずい水薬、その名はイソバイト

皆さん、日本一まずい水薬の名前を御存じですか。
その名はイソバイト。
突発性難聴や、メニエールになった際、
聴力の回復のために飲みます。

この薬、とにかく味がまずい。
変な苦みがある上に、異常に甘い。
あの甘さはわざわざつけたものだとしか考えられません。
これをけっこうな量、毎日、3回、飲まなければなりません。
後味もとても悪く、放っておくと、そのまま口の中に味が広がったまま居座り続けます。
私がイソバイトを飲んでいた当時は、
飲んですぐココアを飲むと、この味が消えるということを発見して、
飲み終わった後、毎回ココアを飲んでいました。

しかもこの薬、効果があるというわけでもない薬で、
私などは、飲んだところであまり変わりませんでした。
けれども、この薬以外治療方法はないので、
仕方なく飲みました。

お知り合いの方のお嬢様が、
私と全く同じ症状に陥り、
このイソバイトを1日3回、飲むことになったそうで、
本当にお気のどくです。
やはり原因は、大音響のようです。

私が突発性難聴を発端としたメニエールになったのも、
同じように、大音響が原因です。
下請けのお仕事をしていたとき、
どう考えてもこれを聞いたら耳がおかしくなるでしょうという音だったので、
1度拒否したにもかかわらず、
先方から脅されて、
権力に負けた私が仕方なく聞いたところ、
次の日の朝、ぶっ倒れました。
それから1カ月はまっすぐ歩けず、
3カ月はめまいで、
耳の閉塞感は1年以上続き、
最終的に左耳の低音部は聞こえておりません。
皆さんも大音響には気をつけましょう。
力のある側が脅してきたら、逃げましょう。
聴力はお金で買えません。

しかし、
この全く仕事もできなくなった時期にブログを始めたというのも本当のところで、
こうならなかったら、
今こうやって誰かに向かって書いてなど、
いなかったのかもしれません。
いや、そんなことはないのかも。
リズ・グリーン先生いわく、
「どこへ逃げてもあなたは一緒についてくる」ということですから、
違う理由でもって、結局は完全に独立したのかもしれません。
わからないですが、結果は一緒なのかもしれないと思う今日このごろ。

きのうは寝冷えしてひどいアレルギー状態になり、
1日じゅう鼻水が出ていましたが、
今日は回復しました。きのうセッションに来た皆さん、ごめんなさい。
10月1日、やっと秋らしい気温です。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。