2016年9月7日水曜日

ご近所のダンサーズ

中学校の同級生に、
さちこちゃんという美少女バレエダンサーがいました。
さっちゃんは、顔が小さく、脚が異常に長くて、
私の憧れのスタイルの持ち主でした。
あのころから、常に心のどこかで、
ダンサーに魅かれます。
(関係ないけれども、小学生のころから、
私の友達は美少女が多いです、本当に)

きのうは、70歳のソシアルダンス、主にラテン系のダンスの先生にお会いして、
鎌倉プリンスで披露した、サルサのビデオを見せていただきました。
すごかった。
7センチのヒールの靴に身体にぴったりはりついた、
ミニスカートのドレス。
かつらをかぶっているので、後ろから見ると、
せいぜい40歳ぐらいにしか見えません。
しかも、踊り始めると、身体のキレがいいこと。
70歳でこんなことができるなんて、
超人です。

いつも人に見られる立場なので、
定期的にエステに通い、
お顔も、70歳には到底見えません。
しみしわという話ではなく、
意欲があるというか、覇気があります。
お話を伺うと、
次の大会で優勝を目指しているそうで、
70歳にして、まだまだ目標があります。

うちのお隣の方は、75歳でフラの先生で、
まだハワイの先生に習いに行っているし、
人というのは、目標や夢があると、
70歳過ぎてもまだ可能性があるし、
若さを保つことができるのだと思いました。

ただし、ここまでくるためには、
皆さん、長く続けていらっしゃる。
きのうのソシアルダンスの先生は、もう40年踊っていて、
教える立場になってから20年ということでした。

何が才能かと言われたら、
やめないことが才能です。
本当に、それだけだと思います。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。