2016年9月23日金曜日

人生は、たぶん平等

日曜日、にこにこと、不思議な微笑みを浮かべた見知らぬ中年女性2人が
うちにやってきたならば、
大体それは宗教の勧誘です。
私は彼女らを追い返す、決まり文句を持っていて、
それを言うと、みな、すっと帰っていきます。
その決まり文句とは、
「私、輪廻を信じてますから」
です。

大声では叫びませんが、
輪廻はあるだろうと思います。
それが仮に1つの考え方だとするならば、
その考え方があると、人生のかなりの部分は救われます。

一見、人生は不平等です。
一人一人、余りに違いがあり過ぎます。
裕福なうちに生まれる子もいれば、そうでない子もいるし、
所与の身体的能力の差も顕著です。

けれども、輪廻というものがあったとして、
もっと長いスパンで、魂の変転を考えたならば、
たぶんそれは平等なんです。
だから、自分を卑下したり、
他人をうらやむ必要はありません。
自分のテーマを自分で選んで、
この世に生まれてきたわけですから、
ただもくもくとそれに取り組むまでです。

他人の魂の変転は他人のストーリー、
私の魂は私のオリジナルストーリー、
比べることはできません。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。