2016年9月19日月曜日

がつがつしない

うちには2001年前後に生まれた猫が三匹いるのですけれども、
だんだんみんな年をとってきて、老けてきました。
そのうちの一匹はオスで、最近、特によろよろし始めたので、
私は「猫のおじさん」と呼んでいます。
けれども、「猫のおじさん」というと、近所にいる猫好きのおじさんのようにも聞こえるので、
本当はおじさんの猫のほうがふさわしいのかもしれません。
でもそうすると、おじさんが飼っている猫、みたいな感じもします。
では、おじさん猫?猫おじさん?どれがいいの?

それはさておいて、
この猫らは、同じ環境、同じ食べ物で育っているので、
差が出るとしたら、遺伝子であるとか、性格の問題です。
この中で一匹、アメショとのミックスのももちゃんという猫がいるのですが、
これがほか二匹を引き離して、だんぜん若いのです。
ではももちゃんはほかの猫とどこが違うのか。
それは、食べ物にがつがつしていない、ということです。

もともと獣医さんのところからやってきたので、
野良猫経験がありませんから、
逃げたりもしませんし、人なつっこいです。
しかし、それだけではなく、食べ物に無頓着で、
全くがつがつしていません。
また、ほかの猫が欲しがるような、
シーバのパウチに入ったウエットフードも、
決して食べません。
(ちなみにうちは、病気になってお金がかかるより、
食べ物をよくして病気を防ぐほうがいいという考えなので、
通常は、オーガニックのドライフードをあげています)

食べ物にがつがつしない、
食べすぎない、
オーガニックのドライフードしか食べない。
ももちゃんがほかより断然若いのは、
この点が原因だと思います。
もしまだ何かあるとすれば、
アメショは、割にいつまでたっても若いのかもしれません。

ファッションにおいて、
年齢で区切るのがナンセンスだと思うのは、
実際の年齢と見た目が、
人によって全く違うからです。
その差は環境や食べ物、その他の要因によるのでしょう。

美容研究家が、最終的には生活習慣や食べ物を変えたり、運動することによって
若さを維持するようになるのもうなずけます。

しなやかで、かつがつがつしない。
猫の若さを維持したければそうすること。
人間も、たぶん似たようなものではないでしょうか。

☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。