2016年9月10日土曜日

梅雨と台風ルックを提案すればいいじゃない?

台風が多いです。
それと、スコールみたいな、一時的な土砂降りも多いです。
私も先日、駅まで行った帰り、
土砂降りに遭い、傘もささずに、そのまま濡れて帰りました。

そのときに着ていたのは、
フューシャピンクのcalypsoのインド製シャツと、
アディダスの速乾素材のカーキのパンツ、サンダルだったので、
濡れてもいいかなということで、そのまま歩いて帰りましたけれども、
これがTシャツとジーンズにスニーカーだったら悲惨です。

今の日本、
梅雨が1カ月以上あるでしょう?
そして、台風シーズンがその後、2カ月ぐらい続くでしょう?
お出かけが多い人は、対策が必要になるはず。
けれども、デパートやなんかで売っているのは、
従来の面白味のないレインコートや、
ばばくさいレインシューズ。
今どき、そんな格好でお出かけする若い人はいません。
このあいだ、雨の日に電車に乗ったけれども、
みんな、雨対策なしの、普通の格好でした。

何がいいかというと、
スポーツウエアやアウトドアウエアに使われているような、
速乾で、湿気がこもらない素材でできた、
お出かけにも対応しているパンツや、
レインコートまではいかなくて、
ウィンドブレーカーほどスポーティではない、
さっと羽織れる雨用のジャケット。

私はこの梅雨以降、台風シーズンの今まで、
パンツはアディダスのカーゴパンツばっかり。
濡れてもよく乾くし、
湿気はたまらないし、
洗濯も簡単、言うことなし、です。
ただし、これで会社みたいなところに行けるかと言われれば、
確かにそれはちょっと考えます。
作業着に着替えるところはいいでしょう。
田舎も大丈夫かも。

でも、普通の婦人服売り場で、
このアディダスみたいなパンツ、売っていないよね。
売っていないです。
だって、作ってないんだもん。
バッグは雨の日対策のものがいろいろありますけれども。
服はないです。
だから、作ったらよいのです。
みんなが欲しいのに売ってないものは、まだまだあります。

関係ないけれども、最近、中途半端な洋服屋に行くよりも、
アディダスやプーマに行ったほうが、ずっとかっこいいものがあります。
先日発表された、リアーナがプロデュースしたプーマも相当かっこいい。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。