2016年8月3日水曜日

好きの3点セット

選挙割を実施したおかげで、
7月、8月はファッション・レッスン強化月間です。
ファッション・レッスンを受けにきてくださる方が多くいらっしゃって、
とてもうれしいです。

全体的に言えるのは、
まだまだ皆さん、わかっていらっしゃらないということ。
たくさん持っているのに、買っても買ってもおしゃれに見えないという
どつぼにはまっています。

ただ、これは仕方のない部分もあるのです。
だって、本当にこれは、「誰も教えてくれなかった」んですから。
家でも、学校でも教えてくれませんし、
教科書もありませんでしたから、
それはしょうがないです。
日本は、衣服と住居の教育がおくれていると思います。

で、レッスンを受けてくださる方の中で、
どういうスタイルをしたらいいか、自分でもわからないという方が若干いらっしゃいます。
どういうファッションをしたらいいかわからないということって、
実は、自分がどういうライフスタイルをしたいのかわかっていない、
決めていないということと関連しています。

私はこれが好き、
あれをやりたい、
ここに住みたい、
こういう仕事をしたい、
というのがはっきりしている人は、
おのずと着たい服もはっきりしているのです。
だけれども、これらすべてぼんやりしていると、
着たい服もぼんやりしていて、
わからなくなってしまいます。
自分がやりたいことではなくて、
やらなければならないことに縛られていると、
服も、着なければならない服ばかりを選ぶことになってしまいます。

で、この、
私はこれが好き、
あれをやりたい、
ここに住みたい、
こういう仕事をしたい、
がないと、
ファッションのスタイルだけではなくて、
どういう仕事をしたいのかもわからないから、充実した仕事にも就けていないし、
望みのライフスタイルがはっきりしていないので、
「結婚したい」と口では言うものの、具体性が乏しくなり、
実際のパートナーが見つからなかったりします。

自分のこれ、というものがないと、
ファッションも、仕事も、パートナーも、
向こうから来ないだけではなく、
どんどん遠ざかっていきます。

好きな仕事もないんです、
好きな趣味もないんです、
好きな人もいないんです、
この3点はセットのことが多いです。

この3点セット、待っていても届きません。
まずは、自分はどうしたいのか、態度を決めなければなりません。
また、今まで生きてきた中でこれがわからないのだったら、
今までのやり方を変えないことには、この3点セットはあらわれません。

この3点セットが欲しい、
だけれども、変えるのは嫌だ、
この2つは両立しません。
どちらかです。
変えるのが嫌なら、今までのまま、それだけです。

男女間のリレーションシップの話をしていて、
「男性から声をかけられない」とおっしゃる方たちは、
この3点セットがないことが多いです。
自分のこれが好きがない人は、
不思議なことに、「好き」と言われることもないようです。
好きは好きを呼び、
好きなものがないは、好きなものはないを呼ぶようです。

今までのどおりのありのままの私がいいのなら、
どうぞそれをお選びください。
だけれども、それでは何も変わらないですから、
文句を言わないことです。

☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。