2016年8月23日火曜日

魔法の言葉

きのうの台風はすさまじく、藤沢市では朝から携帯が避難情報で鳴りっぱなしでした。
そうかと思えば、避難勧告が出されていない市町村もあり、
なぜなのかと調べたら、
市町村レベルでの判断だということで、
これぐらい大丈夫と踏んだ市町村では、勧告は出ないのだそうです。
藤沢はちょっとの危険でも出していた、ということですね。

実は、私はアファーメーションが非常に効果的だとは、思っていません。
多少はあると思いますけれども、
非常に効果があるとは思いません。
なぜそう思わないかというと、
20代のころ、集中してソシュールと丸山圭三郎先生の著書を
読んだからです。
言葉に興味があったわけです。
なぜあったかというと、演劇部だからです。

で、ソシュールが言うように、
言葉の意味するものと、意味されるもの(シニフィアン、シニフィエ)の結びつきは、
恣意的なものであるにもかかわらず、
それが強固な結びつきをもつと、停滞や弊害をもたらします。

例えば、
「お母さん」という言葉を読んで(見る、聞く、何でもOK)、
うれしくなる人と、気分が悪くなる人がいると思います。
その場合、
「お母さん」と「気分が悪い」の結びつきが強ければ強いほど、
人生に摩擦や障害が生まれます。

アファーメーションは、このシニフィアンとシニフィエの強い結びつきを前提にしたものであり、
これが揺らいだら、アファームできません。

けれども、一番わかりやすいアファーメーションである社訓、
いまだに社訓を毎朝唱える会社があるかどうか知りませんが、
例えば社訓を毎朝唱えたところで、それは達成されたでしょうか。
社訓が、「毎年売上を伸ばしていること」だとして、
それは達成されましたか?
達成されていませんよね。
そんな方法で達成されるのだったら、全世界の会社が社訓をとなえまくるはずです。

人が変容するのは、
実は、意味するものと意味されるものの強固な結びつきが揺らいだときです。
上の例で言うと、
「お母さん」と「気分が悪い」の結びつきが、ほどけたときです。
ほどけてしまい、
「お母さん」と読んだり、聞いたり、見たりしても、
何にも感じなくなったとき、
そのときに初めて人は変わります。

では、この意味するものと意味されるものの結びつきが強固でないものには、
どんなものがあるでしょうか。
例えば、詩的な言葉がそうです。
詩的であればあるほど、この結びつきは弱いです。
だから、詩の言葉には力があり、生き延びるのです。

結びつきが弱いとはどういうことかというと、
さまざまな解釈ができるということです。
意味が1つではないということ。
いくらでも、何とでも解釈できるということ、
そういう言葉は力を持ち、生き延びます。

詩ではありませんが、シェイクスピアのせりふ、
「To be or not to be; that is a question」も、
いろいろな解釈ができます。
ですから、数種類の訳語が出てきます。
これは、この言葉に力があるからです。
日本でいったら、万葉集の詩歌もそうです。
複雑に読み解くことができます。だから今でも多くの人がそれを読むのです。

では、もっといって、最上級に力のある魔法の言葉とは、
どんなものでしょうか?
正解は、意味がわからないものです。
ここら辺で、目が点になっていませんか?
でも、読めばすぐに理解できます。

有名な魔法の言葉はなんでしょうか。
例えば、「アブラカタブラ」です。
サリーちゃんは魔法をかけるとき、「テクマクマヤコン、テクマクマヤコン」です。
これは、誰が聞いても何のことだか意味がわかりません。
いいですか。
意味がわからないから、力を持つのです。

物語に出てくる魔法使いたちは、皆、この手の魔法の言葉を使います。
間違っても、アファーメーションのような、意味がわかる言葉を使いません。
なぜかって、そんな言葉には力がない、
人を変えることができないって、知っているからです。

そして、そうした魔法の言葉を使う魔法使いが出てくる物語が、
古くからあり、まだ伝えられているということは、
人はそのことに昔から気づいていたということです。
意味するものと意味されるもののかたい結びつきをほどくのは、
そんな意味のない、象徴的な言葉たちなのです。

そんなわけで、
アファーメーションについて、私は余り信用していません。
けれども、信用している人たちが多くいるということはわかっていますので、
あえて、その方たちと議論するつもりもありません。
これを読んで理解した皆さんも黙っていたほうがいいです。
アファーメーション信者は、フランス現代思想や言語学なんか興味ないだろうし、どうせわかってくれません。
それに、そもそもそんなこと、面倒ですからね。

ちなみに、よく言われる潜在意識は否定形を理解しないも嘘です。
そんなことは、よく勉強していないから言えるたわごとです。
無意識は、「何何するな」と言われれば、しっかり否定形で記憶します。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。