2016年7月19日火曜日

プラムの季節


私は1年じゅう、何かしらの果物を食べないではいられないので、
近所に果物農家、しかもオーガニックの果物が生産されているということは、
この上ない喜びです。
この理由のために、ここから引っ越すことはできません。

今ちょうど、プラムと桃の季節で、
毎日何かしら食べています。
もちろん、ふるうつらんど井上さんのオーガニックのプラム。
(大体1パック500円)


こちらで売られている果物と野菜、
イチゴとトマト以外はすべて露地物なので、
その季節にとれるものしか売っていません。
ですから、冬にキュウリやナスはないのです。

ある冬、お店で立ち話をしていたら、
通りがかりの人が、
「ナスはありますか?」と聞いてきたのですが、
ナスなんか今とれるわけないのに、何言ってるのかしら、
なんて井上さんとお話しをしました。
けれども、考えたら、スーパーでは1年じゅう売っているのです。
私たちの当たり前と、いつもスーパーで買っている人の当たり前は、
違っているのだなと気づきました。

私はもう冬場にナスとキュウリとトマトがないのは慣れてしまっているので、
何とも思いませんが、
それでは不満な消費者も多いのでしょうね。
このエリアでも、全員が地元の農家から野菜を買うわけではありませんから。

8月になると、井上さんの畑の100歳の梨の木が実ります。
今年はどんな味なのでしょうか。
今から楽しみです。


☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。