2016年7月15日金曜日

ドラマが始まるロケーション、例えば江ノ島


ドラマが始まりそうなロケーションというのは、
やはりあると思います。
シーンとして、ドラマチックな場所、
平凡でなく、
ありふれているわけでもなく、
ここにしかない感じにあふれていて、
それを目指して人が集まってくるような、
そんな場所。

幸いなことに、湘南エリアはそういう場所で、
特に海の近くは、それだけでドラマにぴったりの場所です。

そんなことを考えていたら、
最近始まったドラマの舞台が湘南だと聞いて、
早速、ネットで見てみました。
(いわゆる月9というやつです)

話の内容は、あり得ない設定すぎて、
いい年の大人の鑑賞に耐えるものではありませんでしたが、
シーンの半分は藤沢市でした。
で、シンボルは江ノ島。
江ノ島ですよ、江ノ島。

では、実際にはどうなのか。
ドラマとしては、絵になる場所がたくさんある湘南エリア。
実際に住んでみたら、ドラマは始まるのか?
ドラマチックな出会いはあるのか?
その答えは・・・
あります。

こちらのほう、
特に海に近いエリアは、
ドラマで描かれている以上に、
いろいろな人がいて、
平日でもうろうろしています。
自営業者や
かわった職業の人も多いです。
いろいろなイベント、
チェーン店ではない、小さなカフェやショップもたくさんありますから、
自分から動いたなら、
必ず出会いはあります。
都会ほど閉鎖的な人間関係ではありませんので、
みんな、フレンドリーです。

だから、住める人は、
こっちに住めばいいじゃない?と、
いつも私はお勧めしています。
問題は仕事でしょう。
仕事がなんとかなるのなら、
出会いがありそうなロケーションに住むのはお勧めです。

出会いがないなら、出会える場所に行かないと!
自分が送りたいドラマのような生活が実際にできる場所へ、
自分から動いて行くというのは、
まず第一に考えるべきことではないかなと思います。

ドラマを見ているんじゃなくて、
自分が自分の人生の主役になる。
そっちのほうが、
断然楽しいし、
お勧めです。

追記:でもでも、たとえ移り住んだとしても、家に閉じこもっているだけで誰とも会わず、ネット見ているだけじゃ、何も変わらないです。それはどこにいても同じです。

☆写真:江ノ島ね。

☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。