2016年7月11日月曜日

シェイクスピア・ルック、くるかな?(たぶんこない)


これは先週発表された、ヴァレンティノのオートクチュール・コレクションからお借りした画像です。
(あとで取り下げましょう)
あらあら、どこかで見た感じではないこと?
そうです!
テーマがシェイクスピアだったのです!
だからこれはシェイクスピア劇の男装スタイルね。
ボトムは黒パンツに黒ロングブーツですよ、この秋冬は。

このようにファッションの上流では、
いろいろなスタイルを提案しますが、
最近の日本は、ファーイーストって感じで、
あんまり影響力のないエリアになりました。
もちろんいい部分、悪い部分もありますが、
ファッションの主流派から見たら、
こちらは辺境。

当分のあいだ、学問と文化が軽視される時代が続くでしょうから、
私たちは、辺境の住民として生きていくのだなと、
あきらめるしかないですね。

きのうの結果は、まあぎりぎり踏みとどまったとは思いますが、
神奈川で1位当選した人のレベルを見ても、
日本のレベルは相当低いぞと、
言わざるを得ません。

それでもなお、
勉強する人はいますし、
そういう人は、あとあと強いです。
何が差かって、
それが差だと思います。
学問と芸は身を助けます。

 ☆「ファッション・レッスン」「IH(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。