2016年5月9日月曜日

イベントでなにが難しいかというと

これを読んでいる方で、
自主的にイベントをやろうとする方がいるのかどうかわかりませんが、
お教えいたしましょう。
特段、有名じゃない人がイベントをやろうとするとき、
なにが一番難しいかというと、
人集めです。

私は、いつもうちに来る皆さんには教えていますけれど、
昨今、人が集まるのは、
「結婚できるか」と、
「金運アップするか」
この2点です。

だけれども、
何かに1回出たぐらいで、
結婚できるわけでもないし、
お金が入ってくるわけはありませんから、
私はそんな、これさえやればできます、
などとはうたえません。

で、何度も書いているように、
一番人が動かないのは、
教養、芸術分野です。
興味がないからです。
それが現実です。
潔く認めましょう。

では、人集めどうするかというお話です。
今回、チラシを1000枚配りましたが、
チラシから来てくれた人って、
いてもニ、三人のようです。
詳しくはわかっていません。

ほかの出演者の方に聞いたら、
チラシは5000枚配って、10人来る程度だそうです。

チラシがだめだとすると、
ほかにはなにがあるか?

私の場合、それはブログです。
毎日発信していますから、
それを読んでくれている方が対象となります。
また、ワークショップやセッションにいらっしゃる皆さんにも
お伝えすることができます。

ブログでなくても、
インスタグラムも最近は有力です。
最近、ブログは下火ですから、
むしろそちらのほうがいいでしょう。

どういうことかというと、
そのイベントをやる人のキャラクターがわからないと、
人は来ないのです。
経歴とか、過去どうしたとか、
そんなことはどうでもよろしい。
(もちろん学歴も関係ない)
多くの人が知りたいのは、
その人がどんなことを考えていて、
どういう行動をしていて、
いつもなにを発信しているかということ。
それに共感できれば、
人は動きます。
だから、それがないと無理なのです。

今、どんなに有名なアーチスト、
例えばマドンナなんかでも、
インスタグラムとツイッターで発信しています。
それは、アーチスト自身の作品のみならず、
キャラクターを知ってもらうためです。
それが伝わらないと、
どんなにいい作品を作っていたとしても、
人は動かないからです。

もちろん、ブログをただ漫然と、
しかもごくたまに書いているだけでは効果はなく、
常に更新し続けなければなりません。
また書いているだけではだめで、
誰かに読んでもらわなければなりません。

私がインスタグラムをやらない理由は、
実はiPhone、iPadを持っていないから。
持っていたら、やりますよ。
今は、ブログより、インスタグラムのほうが情報は拡散します。

ちなみに、ツイッターで情報を広げるためには、
フォロワーが1万ぐらいは必要です。

そんなわけで、
イベント、やるのは簡単です。
だって、皆さん、それぞれ訓練なり、修練なり、勉強なりしてきたわけですから。
だけど、人が集まらない。
人が集まらないと、
昔、私の演劇部の先輩が言った、
「砂漠でダンス」になってしまうわけ。

そうならないためには、
人集めの方法について、常に用意、準備しておく必要があります。
イベントをやりたい人は、そこまで考えておくべきですし、
それなしでやると、それは赤字になります。

とにかく、出演者、主催者のキャラクターについて知ってもらうこと。
これに限ります。


☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。