2016年5月29日日曜日

自分を幸せにする責任

ジョン・グレイ博士の動画で、
博士は当たり前だけれども、
案外、多くの人がちゃんと認識できていないことを言っています。

男性がどういう女性に惹かれるのかというと、
幸せそうに見える女性である、
ということです。
仏頂面して、不満げ、笑顔のない女性よりも、
いかにも楽しそうにしていて、幸せそうな女性に惹かれるということ。
そして、男性はそんな女性を見て、
もっと幸せにしてあげたいなと思うのだそうです。

考えてみれば当たり前のことですが、
どういう人と付き合いたいかといえば、
不幸そうな人ではないはず。
それは男も女も同じでしょう。
(中には、マニアックな不幸好きの人もいるかと思いますが)
わざわざつまらなそうな、景気悪そうな人には近づきません。

だから、自分を幸せにする責任は自分にあるのです。
そこまで自分を持っていかないことには、
誰かに好きになってもらおうなどということは難しい。

これは、何か強がって、仏頂面で、
「私、幸せですから、ふん!」みたいなのではだめで、
そんなふうに説明することなく、
誰の目にも明らかに幸せそうに見えなければなりません。

男性から声をかけられないという相談がけっこうありますが、
自分は自分を幸せにしているのだろうか、
そして周囲からもそう見えているのか、
確認してみるといいでしょう。

誰かに幸せにしてもらうつもり、などというのは最初から論外です。
そうではなくて、
自分で自分を幸せにしている人、
そんな人からまずは好かれていくのだと思います。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。