2016年5月20日金曜日

常識を疑ってみる

例えば学校や会社などの集団の中にいると、
それをやるのが常識という考えの人たちに囲まれて、
その常識が本当かどうか、
疑ってみることは少ないと思います。

プラス、例えばテレビや雑誌なども見ていたら、
これをやらないと遅れている、みたいな情報も入ってきて、
ますます、何かしなければいけないことがふえていきます。

しかし、明文化されてる法律でもない限り、
必ずしもその常識がすべての人に当てはまるわけではありません。

この前、私は「肌がきれい」と言われました。
けれども、私、肌に関しては、特にここ3年ぐらい、
ほとんどなにもやっていないのです。

あるときに、ファンデーションやパウダー、チークなど、
すべて普通の洗顔料で落ちるオーガニックのものに変えて、
しかも去年からは、乾燥を感じるとき以外は、
化粧水さえ塗らないということをやってみました。
それでも全然平気なのです。
もともとあんまり激しく化粧はしませんが、
この3年ばかり、年間で使う化粧品代はすごく少ないです。

もちろんしみやしわはあります。
ただし、今から私が若くなるということはないので、
ある程度以上は、気にしないことにしています。

話は戻りますが、
ではなぜ肌がきれいに見えるかというと、
それはメイク落としを使わないからだと思います。
あのメイク落としのシートで台所の油汚れを落としてみると、
とんでもなくよく落ちます。
ということはどういうことかというと、
普通のファンデーションというものは、台所の油汚れと同じレベルで、
それを落とすために、強力な洗浄力を必要としているということです。
台所の油汚れ専用の洗剤といったら、ものすごく手が荒れます。
そんなものを毎日のように顔につけていたら、
そりゃあ、顔だって傷みます。

ちなみに、オーガニックのCCクリームはPACIFICAというブランドのもの、
化粧水やなんかは、前はPangea Organicsのものを使っていましたが、
今は適当です。化粧品類はすべてアイハーブで買っています。

あと、皆さんがやっていないくて、私がやっていることといったら、
「パタカラ」という顔面筋をきたえる器具は使っています。
3年ほど前、顔の右側が軽い麻痺になったとき、顔筋の筋トレ用に買ったもので、
今でも継続しています。

幸いなことに、
私は学校にも、会社にも、テレビにも接触する機会がほとんどありませんから、
そういった「常識」は、もはや私には通用しません。
私は自分で試行錯誤して、
その結果だけを連れて歩いています。

これは例えば化粧品の話でしたが、
こういったたぐいのものは、ほかにもたくさんあります。
それも結局は、自分で試行錯誤して自分の常識を見つけていく以外にありません。
またこれは自分にとっての当たり前なので、
他人に同じことを強要する必要も、勧める必要もありません。

ちょっと抜けてみるといいのです。
遠く離れてみるといいわけです。
まだまだ発見する余地は、あります。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。