2016年5月14日土曜日

夏の帽子


日差しが強くなってきました。
夏の帽子の出番です。

夏の帽子は、
日焼けでかなり劣化します。
私の場合、1年目はお出かけ用、
2年目、近所の買い物用などと使い分け、
3年目になると、やはり日焼けによる劣化がひどすぎて、
捨てるしかないな、という感じです。
ちなみに、私は夜間の外出を除き、1年じゅう、帽子をかぶっているので、
使用頻度は高いです。

そう考えると、
夏用の帽子は、あまり高価なものは買えません。
ボルサリーノも、見るたびに素敵だなと思いますが、
夏の帽子は消耗品なので、
いいお帽子を買うなら冬物にしたほうがよい。

で、今年のお出かけ用に、
何か新調しようと思って選んだのが、白いパナマハット。
そんなに高価ではなく、
かといって、扱いに困るほどに華奢でも、壊れやすくもなく、
軽くて、つばの広さも十分。
(そうそう、冬用につばの広い帽子を買ってしまって、
電車のたびに困ったのでした・・・)

パナマ帽は、スカートにもパンツにも似合うし、
改まった感じがするので、
かぶっていく場所を選びません。

ヘレン・カミンスキーのラフィアで編んだ帽子だと、
少しカジュアル過ぎるのと、
何より、完全な日よけにならないので、
私の場合はパス。

私が買ったのはエクアドル製のものですが、
そんなに高くないし、色もいろいろあるしで、
割と誰にでも似合うと思うので、
帽子初心者にもお勧めです。

 ☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。