2016年4月16日土曜日

次にくるのは観光と農業でしょう

きのうはスカイプのセッションで、京都の方とお話ししました。
ひととおりセッションが終わって、
京都の街の様子をうかがうと、
観光客で大変なことになっているそうで、
ホテルはどこも満員らしいです。

わたしのうちの近くも観光地なので、
特に江ノ島は年中、観光客がいます。
冬のあいだ、海岸に人はいませんが、
江ノ島の島内は人だらけ。
鎌倉も、昔は冬のあいだはそれほど混雑していませんでしたが、
今は冬にもけっこう人がいます。
歴史のある観光地は根強い人気です。

一部の人たちのあいだで、
次に日本の産業の基盤となるのは観光と農業だと言われていますが、
少なくとも観光に関しては、その兆しは見えています。

一方、農業、特にオーガニックな農業は、まだそこまではいっていないかなと、
わたしもいつも感じます。

わたしがいつも買い物をしたり、ワークショップを開く、近所の農家の井上さんも、
オーガニック農業をしていますが、
正直、そんなににぎわっているわけではありません。
スーパーよりも安い値段のものもあるし、
しかも無農薬なのに、目の前を通り過ぎていって、
スーパーで買う人もいます。

それでも特に若い人のあいだでは関心が芽生えているようで、
これからはそんな人たちに期待できます。
オーガニック農家、そしてオーガニックのカフェやレストランと続いてって、
ローカルでにぎわったら楽しそうだなと、いつも思います。
そして日本の至るところに、そういうエリアができたらいいなと、夢見ています。

きのうのクライアントさんも、観光客を視野に入れたローカルでの取り組みの計画を持っていて、
それは言っているだけの夢ではなく、
実現可能な計画ですから、
そのまましっかりやって問題ないということをお話ししました。
(それは星にちゃんと出ています!)

そんな観光と農業がそろっている藤沢市、
人口がまだまだ増えていて、
現在42万人だそうです。
どこか新しい土地で新しい人生を始めたいと思っていらっしゃる方、
こっちへ引っ越してきたらいかが?
江ノ電乗って、海岸をお散歩して、ローカルなカフェやレストランで食事して、
行きつけのお店を作って、
ローカルなイベントに参加して、みたいな、
ドラマのような日常が、始まるかもしれませんよ。
望めばね。

追記:うちへセッションやワークショップにきたとき、帰りに駅前の不動産屋をのぞいてごらん?
家賃5万円ぐらいのところ、ありますよ。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。