2016年3月1日火曜日

若いときにすべきこと

おとといは、20代の方、お二人が参加されました。
正直、私のブログはどんな年代の方が読まれているのかわかりません。
20代のクライアントさんは決して多くないから、
もっと上の年代の方が多いのかなと思っていましたが、
そうでもないのかもしれません。

さて、若いときにすべきことは何かと聞かれたら、
「勉強」と即座に答えます。
苦労というよりは、勉強です。

大学や専門学校に行っているのならその勉強を、
趣味があるのならその勉強を、
興味がある事柄があったら、その勉強をどうぞしてください。
ファッションにお金を使っている場合じゃありません。

多くの人を見ればわかりますが、
年齢が上がれば上がるほど、
勉強するのが大変になります。
実際に行動するのも億劫になりますし、
継続するのも大変です。

また、年をとればとるほど、意固地と怠惰がふえていきますから、
そうなると、
始めることさえままなりません。

けれども、20代、せいぜい30代前半までにとりあえずちょっとでもかじっておけば、
それが後で役に立ちます。
40歳過ぎて、
一から始めるのはとても大変ですが、
以前ちょっとでもやったことがあるものを再開するのは、
それほど難しくはありません。

今の時代、20代はお給料が少なく、
大学生は奨学金をもらっていたりして、
なかなか余計な勉強をするのは難しいと思います。
ただ、図書館もありますし、何よりネット上で授業を無料で公開している
海外の大学もたくさんありますから、
そういうものを利用して、
できるだけやっておくと、
その後の人生が全く違うものになります。

遊びも大事ですけれども、
年をとってからでも遊ぶことはできます。
ただ、勉強はなかなかできません。

今、私もオペラのフランス語の歌詞の訳詞をチェックしてみたりしていますが、
これだって、若いときにフランス語の勉強をしていなかったらできないことです。
完全じゃなくても、ちょっとわかるだけでも全く違います。

パーフェクトを求めなくていいから、
とにかくできることはできるときに勉強しておくこと。
それがどれほど後半の人生を助けることになるか、
自分でわかる日がくるでしょう。

高価な服もバッグもいりません。
とにかく勉強にお金を使ってくださいね。


☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。