2016年2月14日日曜日

MADONNA!


というわけで、
マドンナのレベルハート・ツアー、行ってまいりました。
事前の情報で、
どこの国のツアーも開始時間が遅れているということ、
それからなんだかみんなマドンナのコスプレしているらしい(?)ということを知り、
どうしようか考えていましたが、
結局、妹がチケットを買って、一緒に車で行くことになりました。

案の定、始まったのは21時。終わったのが23時5分ごろ。
最後まで見ていたら、電車ではうちまでたどり着けない時間設定でした。
(車で家に着いたのは夜中の2時でした・・・)

そして、マドンナ・リスペクトということで、
私は「Papa don't preach」ルックならできると気づき、
前日にボーダーシャツを購入。
ジーンズにボーダーシャツをインして、黒いベルト、革ジャン、バレエシューズで、
ちょっとだけコスプレで参戦。
(そして、耳のために耳せん持参。前座のDJはずっと両耳に耳せん)

会場に入って感じたこと。
おじさん率高し。
平均年齢も、もちろん高い。
なんだか落ち着いている感じ。
そして、コスプレイヤー率低し。
あれ、みんな、なんかいろんな格好してこないの?
ふだん着みたいな人が多数派。
ちょっと拍子抜け。

そして、何より今までのライブと違ったのは、
みんなが演奏中、手を高く掲げてアイフォンやアイパッドで撮影している、ということ。
おかげで、そうでなくても背が低い私は全然、舞台が見えず。
割と前のほうの席だったにもかかわらず、半分以上はスクリーンを見ていました。

で、マドンナ様ですが、さすがに気合が入っていました。
みなぎるやる気。
自分の舞台ですから当然と言えば当然ですが、
集中力、緊張感、やる気がびしびしと伝わってきます。
そして今までトップでずっとい続けられたのも、
このモチベーションを維持する能力のおかげかなと思いました。
結局、普通の人にはこれがなかなかできません。
何が差かと言われたら、それこそが差です。

ただ、残念だったのは、
見たかった、アレッサンドロ・ミケーレが衣装を担当したパートが丸ごとカットされていて、
その部分、闘牛士の衣装だったこと。
時間の関係だと思いますが、残念でした。

次のツアーはあったとしても、
もう日本には来ないでしょう。
これが最後だと思って楽しみました。
私は、多少無理しても、行けるときには行く主義です。
今までもそれを通してきました。
そしてそれが私の血肉となっています。
行かないで後悔するのは嫌です。
次なんて、あるかどうかわかりません。
いつか、なんて言う人のことは信じません。
行けるときは行く、
やれるときはやる、
これからもそれでいくと、再確認したマドンナ・ナイトでした。



☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。