2016年2月16日火曜日

まだまだ知らないことばかり

何かを始めてそれを続けるつもりなら、
それと同時に学び続けなければなりません。
それを仕事とするならなおさらのこと。
学び続ける、やり続けるは、義務でもあります。

そんなことで、
私も引き続き、ヒーリングに関しては学び続けていますが、
これが本当に知らないことばかり。

つくづく危険なのは、
「すべてがわかった」という慢心と傲慢でしょう。
すべてがわかったなどということは、
成長の停止を意味しますから。

成長している限り、
完成されたと思った次の瞬間、
新たな試練や学びがやってきて、
また初めからスタートすることになります。
それは段階的なので、
終わりなどありません。
階段のように、
一段上がってみたら、また次の段が用意されています。

「すべてがわかった」としたならば、
それはただ単にその段についてわかっただけで、
上を見れば、その段は延々と続いているのがわかります。
見ていないからこそ、
わかった気になれる。

幸いなことに、
今、一緒にオペラのコンサートを企画して実行しようとしているパートナーも、
「すべてがわかった」などと、
決して思わない方なので、
私たちがお互いに慢心に陥ることはありません。
姿勢が似ているので、
話し合いもスムーズ。
お互いに違う意見を持っていても、
きちんと付き合わせて、一致点を見出すことができます。

そんな2人から見たら、
頂上など全く見えないくらいに遠く、
今目の前にあることをひとつずつ こなしていく以外、
できることはありません。

新しく学び始めた学問を教えてくれるティーチャーも、
慢心や、謙虚さを忘れることを最初に注意してくれます。

「すべてがわかった」も、
「すべてうまくいく」も、
「いいことばかり起こる」も、ありません。
なぜなら、それでは成長しないからです。

これからもわからないことがあり、
すべてうまくいくなどということもなく、
いいことばかり起こらないでしょう。
それでも、私はそちらの道を選びます。
私は成長するほうを選択するからです。



☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。