2016年1月7日木曜日

どれだけ自由になれるか

どれだけ自由になれるかが、
幸せの1つの鍵です。

自分を縛る思考、思い込み、記憶、教え、誓いから、
社会がおしつける「幸せ」の画一的な価値観から、
どれだけ離れられるか。

ただし、私たちは社会の中で生きていますから、
社会のルール、例えば法律は守らなければいけません。
また、社会のシステムにからめとられていますから、
それは無視できません。
例えば経済的な面で、特に日本は不平等な社会です。
だから大変なんです。
簡単ではないんです。

また、女性性という面でも、
日本社会は、それを抑圧してきます。
仕事をしてる女性なら、誰でもそういう場面に出くわします。
男性性を発揮しなければ仕事にはならない、
だけれども、男性性優位で生きていると、
病気になったり、男性とのパートナーシップがうまくいかなくなったりします。
(実際、女性性を抑圧すると、結婚したいのにできなかったり、
結婚している場合、夫が浮気したりします。そういう例をたくさん聞きました)

仕事を頑張れば頑張るほど、恋愛や結婚がうまくなくなり、
女性性100%で生きようとすればするほど、お金がうまく稼げなくなります。
この2つのバランスをどこに決めるかが非常に難しいです。

本当は、女性ですから、
女性性100%で生きてしまうほうが簡単だし、自然なんです。
だけれども、女性性優位でできる仕事は少ないし、
かといって、経済の自由度が落ちると、何かと不自由です。
(現在、不自由を通り越して、危険です)

ほんとにほんとに難しい。

前にも書きましたが、
実際は、女性性も男性性も発揮できていない人が多いです。
(身体に聞くとわかります)
そうすると、仕事もままならない、男性とのパートナーシップもうまくいかないという状態になります。
こういう人たちは、つまり、全く自由ではないのです。
そして、まさに崖っぷちを歩いています。

膠着して動かなくなってしまったら、
そのくっついた部分をひとつずつはがしていかなければなりません。
今のままだったら、今の延長の未来です。
嫌だったら、変わらなければならないということです。

私はよく、趣味を持てとか、
勉強してくださいとか、書いていますが、
どうやら、余りに不自由だと、そこまでもたどり着かないようです。

まずは「変わる」と宣言すること。
今のままの未来は嫌だと認識すること。
自分で抜け出せない檻ならば、
ヒーリングなどを利用して出してもらうこと。
そうしてどれだけ自由になれるか。

自由になればなるほど幸せは感じられます。
変な話ですが、
状況がどんなであっても、感じることができます。
前提条件に頼らなくなります。

その道はあります。
その道を選ぶかどうかは、自分の選択です。
いつも言ってるけど、
ただ、それだけです。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。