2016年1月27日水曜日

幸せと罪悪感

夢をかなえようとしたり、
幸せになろうとするとき、邪魔になるのが罪悪感です。
ほとんどの人が何らかの罪悪感を持っています。
(持っていない人もいると思います。
そうでなければ、税金で毎日あんなに豪華なもの食べていられないはず・・・)

親や学校は子供をコントロールするために、
罪悪感を植え付けます。
多いのが、
「みんな(またはあの人)を差し置いて、私だけ幸せになってはいけない」
というもの。

親や学校というのは、幸せは限られた分量だけしかないと考えているようです。
受験や入社試験など、イメージするからなのでしょうか。
あの人は落ちて、私が受かるのはいけない、みたいな。

しかし、幸せの分量は限られていませんし、
みんなが幸せであるか、そうでないか、他の人にはわからないし、
そして、そもそも誰かの幸せは奪ったり、奪われたりするものではありません。

それなのに、幸せを「モノ化」することで、
あたかもそれは有限で、
とったり、とられたりするもののように錯覚させ、
権力のある側がない側をコントロールします。

この罪悪感、
ひとが夢を実現させようとするとき、
大きな邪魔になります。
私だけ幸せになるのは罪、というように。
夢がかなってうれしいはずなのに、
罪悪感がそうはさせません。

どこでどう引っかかってくるかは人それぞれです。
家族に対しての罪悪感なのか、
友だちに対しての罪悪感なのか、
動物に対しての罪悪感なのか、
世界じゅうの人に対しての罪悪感なのか。
持とうと思えば、どんなものでも対象になります。

そういう私もありました。
自分では意識していない意外な罪悪感。

しかし、ひとはその人自身が幸せであるほうが、
他人に対しても何かできるのです。
他人だけではなく、
世界じゅうの人に対しても、
動物や自然に対してもできることがふえます。

逆に不幸せなときは、自分以外のことに目を向ける余裕がありません。

それから、幸せはモノでもないし、有限でもありません。
そのときに、私は我慢して誰かが幸せではなくて、
関係するすべての人にとってベストな状態を目指してもいいわけです。

兄弟もそうです。
「お姉ちゃんは我慢して、妹や弟に幸せをもたらすものをあげなさい」
なんておかしいです。
「みんなが幸せで楽しくなる方法を考えようね」でいいんです。
それは探せば絶対あります。

植えつけられた罪悪感なんて、捨ててしまいましょう。
関係するすべての人が幸せになる方法を探して、
実行しましょう。
絶対にありますから。


☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。