2016年1月26日火曜日

ライバルなんて、いないんじゃないの?

何かをやる、やらないという話になったとき、
私はそれも人生の選択だから、
やらないならやらないでよろしいと思っているので、
やらないからといって、だからどうとか思わないのですが、
ここのところ、いろいろなところで、
「何もしないのに何か得ようとするのは詐欺と同じ」とか、
「何もしないのに何か得ようとするのは盗むのと同じ」とか、
そんなことを読んだり、聞いたりして、
そのとおりだなと思います。

というのも、
結構堂々と、
「何もしていません!」
「何も努力していません!」
「何も勉強していません!」とおっしゃる方がいて、
それならそれでいいんじゃないの?
と私は思うのですが、
何もしないということは、
何も得られないので、それでいいんだよね、ということです。

どういうわけか、
結婚したいけれどもできませんという方で、
こういうふうにおっしゃる方が多いです。
で、これこれこういうふうにするといいよと言っても、
きっぱりと、
「嫌です。できません」とおっしゃいます。
だったら、それでいいんじゃないの?
そのかわり、恋愛とか、結婚もないですし、
ということです。

実は結婚に関してなのですが、
相談しておいて、
何もやりませんでした、
これからも何もやりませんという方は多いです。

ということはね、
どういうことかというと、
頭抜けることは簡単だということ。
だって、やらない人がこんなにも多いんですもん。
もはやライバルなんかでさえありません。
最初から、エントリーさえしていない人です。
東京マラソンをビルの中からぼーっと眺めているようなものです。
シューズやウエアを買って、
「マラソン完走したいです」とかなんとか言っても、
勝つことも、完走することもありません。

なぜやらないかは、
人それぞれ理由があって、
一概には言えません。
言っているだけで、本当は結婚などしたくないという場合もあると思います。

ライバルなんて、本当は誰でもいなくて、
大体の場合、自分だけです。
負けたなら、
やらなかった自分に負けただけ。
でもそれでいいと思っている。
何にもなりたくない、
何にもやりたくないという自分が勝ったんです。

天体の影響もあると思いますが、
やる人とやらない人の差が、
最近、すごく出てきています。
つくづく、ライバルは自分だけだなと思います。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。