2016年1月17日日曜日

そろそろ春ものニットを着てもよい。

今年は暖冬で、私は重たい冬物のコートを一度も着ることなく、冬が終わりそうです。
気温も高めですが、
立春も近づいてきました。

立春が過ぎてからでもいいですし、
気の早い人は今からでもいいと思いますが、
もう、コットンカシミアや、春もののコットンのニットを着てもいいと思います。

特に今年は、
細かい縄編み(ケーブル)が流行っているので、
春夏ものだろうと、ニットが厚手です。
そうなると、日本の夏は暑くて無理です。

しかし、この暗い時期、
その厚手のニットをインナーにするのは問題ないですし、
まだまだほかの人が着ていませんから、
気分も目にも新しく、いいと思います。
これも暖冬だからできること。

ただ、雪が降っている地方は、
さすがにまだ無理でしょうね。
雪が降っていない、関東より南限定です。

あとはそれができないとしても、
立春が過ぎたら、
色は明るく明るくいきましょう。

今、みんな暗いですから、
こういうときは明るい色を着てしまったほうが、
何かとお得(たぶん)。

グレーに黒ばかりあわせていた人は、
グレーに白にすれば、
子供っぽくはなりません。
幸い、白だけは今もけっこう売っています。


☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。