2016年1月12日火曜日

ヨーカドーでゴルチエ、試着してきた。

うちから歩いていけるヨーカドーがなくて、
一度は見てみないことには感想も意見もないので、
どうにか行きたいなと思っていたのが、
きのうやっと行けて、ヨーカドーで展開しているゴルチエを試着してきました。

もう既にセールが始まっていて、
ほとんどの商品が五割引きでしたが、
ほぼすべてのラインナップが残っていました。
地元(湘南台のヨーカドー)ですが、
見ているお客さんはいません。

ぱっと見た感じ、黒が多いです。
とりあえず、端から着られそうなものすべて試着してみました。

まず、どれも大きい。
まあ、私はどちらかというと、7号なので自分が小さいということですが、
それにしてもコートは大きいです。

そして、着てみると、笑っちゃうほど、80年ぐらいから95年ぐらいのシルエット。
学生時代に戻った気分を味わえます。

ビッグシルエットはいいとしても、
プリントの柄、
メジャーやまち針の刺繍、「7」の文字など、
いらないデザインが多いです。
これさえなければ買ってもよかったのに、という感じ。
特に「ゴルチエ」とカタカナが書いてあるプリントは、買う人が少ないでしょう。

そして、価格。
ヨーカドーにしては、驚くほど高いです。
半額にしてもまだ高い。

発表されたときの予想どおり、
これはかなり売れ残っていると思います。
正直、今の日本で、どのシーンでこれを着たらいいのかわからない。
どれを着てみても、
ブンカの学生みたいで、
もはや私にはいらない感じ。
何か買おうかと思っていたけれども、
この私でさえ買えませんでした。
もちろん、大きすぎるというせいもありますが・・・

たぶん、日本じゅうで大量の在庫になっていると思われます。
この責任、誰がどうやってとるのかしら?
ひとごとながら、気になります。

春夏も2月から展開するそうなので、また見に行ってみたいと思います。


そして、家へ帰ってきたら、
ボウイさんの訃報が・・・
高校生のころからずっと好きで、
たぶん、私の音楽を聞いた総量の中で一番多いので、
いつかは死ぬと思っていたし、
長生きもしないだろうと思ってはいたけれど、
ショックです。
すごく遠い人なのに、すごく支えられていた。
近くの人にはない力で・・・

好きな人は我慢しないほうがいいです。
行けるときに行っておかないと、
会えるときに会わないと、
次の機会なんてありません。

ああ、それにしてもショック・・・
今日は1日、聞きまくります。

☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。


名曲はいろいろあれど、ほかではやらなさそうなのを1つ。
「キャットピープル」のテーマ。
このころ、私がもっとも美女だと思っていたナスターシャ・キンスキー主演です。
なぜかときたま聞きたくなります。
putting out fire with gasolineです。