2015年12月20日日曜日

あきらめること、あきらめないこと

基本的に赤字になることはやりたくないので、
どう考えても採算がとれない、
またはそれだけの額を趣味として出したくないという場合、
あきらめることが多いです。

今、来年やるイベントが少し決まっていて、
それに付随して、ちょっと新しい取り組みをしようかな、
どうしようかなと考えていたのですが、
それには道具が必要で、
しかも何十万もかかるようなもので、
仕事になるとは考えにくいし、
やっぱりあきらめたと思ったのがおととい。

それがきのうになって、
あっさりそのお道具が借りられるとわかって、
やはりそのプロジェクトを進めることにしました。
道具貸してくれるって言うんだから、
そのままやりなさいってことです。

何かうまくいっているときというのは、
自分があきらめたとしても、
つまり、それについて考えていなくても、
あきらめなくてもいい状況がやってくるし、
逆に絶対やりたいと思っても、
だめなものはだめというサインがちゃんとくる。
それは誰かにだまされたりという場合もあります。

ただ、そのプロジェクトを引き受けると決意した場合、
それなりの努力は必要で、
準備、練習することになります。

プロになるには1万時間を費やすことが必要とは、
よく言われることです。
1日8時間で丸3年分。
私はそのことに関して、どれぐらい費やしてきたかな。
最初にやったのは高校のときで、
ことあるごとにやってきたから、
もしかしてもう既にトータルでは1万時間は取り組んだかもしれないです。
だからといって、それでお金をもらうつもりはありませんが・・・

とにかく、
あきらめるべきものはあきらめ、
あきらめなくていいものはあきらめない、
その線引きがはっきりしてきました。

あきらめないでいいもの、
まだあるのかな。
あるかもしれないです。
来年は、そんなものに取り組みたいと思っています。


☆「ファッション・レッスン」「インテグレート・ヒーリング(キネシオロジー)」等、各種セッションのお知らせはこちらです。